a

5つのサイト分かりやすく紹介。カナダのシェアハウス探しに役立つWebサイトを画像で解説

スポンサーリンク

Hello Everyone みなさんこんにちは、kaporuです。

今回はカナダのシェアハウスを探す際に役立つ、5つのWebサイトの使い方を紹介していきます。

2022年現在、カナダ(特にバンクーバー)では家賃の高騰が続いており現地の人からしても、高いと感じるくらいインフレが続いています。

以下の画像をご覧ください。

(画像の出典:Rentals.ca September 2022 Rent Report

上記の画像は、カナダ全土の家賃推移を表したグラフです。

調査した会社にによると、カナダで家賃が一番高い場所はなんとバンクーバーでした。

なんと1ベッドルーム$2574(日本円で約27万円)と、他の都市と比べて跳ね上がっています。

バンクーバーは留学生に人気の都市として有名ですが、現地の留学生は基本的にシェアハウス生活を強いられることになります。

そんな最中、カナダ政府は、2022101日からコロナに関する入国規制を、全て廃止することを発表しました。

カナダに渡航しやすくなったため、渡航者がこれからさらに増加するのは間違いありません。そのため、シェアハウス等の住居の需要が伸び、家賃が高騰し、家が見つかりにくくなることが予想されます。

現在でも「明日の家がない」「全然家が見つからない!」といった声がカナダのTwitter勢ではよく見かけます。

そのため、カナダでシェアハウスに滞在予定の方は、しっかりと準備をすることが大切です。

今回は、シェアハウス探しに役立つ5つのWebサイトの使い方を、画像付きで解説していきます。

カナダのシェアハウス探し:概要

初めての方にも、シェアハウスの探し方がイメージしやすいように、シェアハウス契約までの流れを紹介いたします。

1:Webサイトで物件を探す
2:オーナーへ連絡(内見の予約)
3:内見をし気になるところを質問
4:気に入ったら契約。デポジッド等を払う。

以上が一般的な流れになります。

シェアハウスの探し方を全般的に解説している記事は以下のリンクからご覧ください。内見が取れる5つのコツも、以下の記事で紹介しています。

カナダのシェアハウス探し:Webサイトの使い方

では本記事のメインであるWebサイトの使い方を、画像付きで紹介していきます。

この記事で紹介する、カナダのシェアハウス探しで役立つサイトは以下の5つです。

Webサイト 日本語or英語 情報量
JPカナダ 日本語
Craigslist 英語
Kijiji 英語
Facebook Marketplace 英語
Pad mapper 英語

上記の5つのサイトをこれから紹介していきます。

ちなみに、日本語で書かれているサイトよりも、英語で書かれているサイトの方が情報量が多い傾向があります。

JPカナダの使い方

カナダのシェアハウス探しで役立つサイト1つ目は、JPカナダです。

JPカナダはカナダの留学センター『Jpcanada』が運営する、日本人のためのコミュニティサイトです。

それでは使い方を解説していきます。

まずは、右のリンクからJPカナダの公式サイトに飛びましょう。

画面を下にスクロールし、【賃貸・シェア】の閲覧・投稿をタップしましょう。

タップした先には、ズラッとテナントを募集している物件が並んでいるはずです。

左の丸の図形の中に書いてある数字は、大体の家賃を示しています。

気になる物件はタップして詳細を見てみましょう。

写真や紹介文を見つつ、シェアハウスの内見がしたい場合は、オーナーの名前の横に連絡先に連絡をしましょう。上の写真の場合ですと、”Calvin”さんの横の青いEmailの部分をタップしましょう。

タップすると、以下の画像のようなメッセージ画面に飛びます。

メッセージ画面でオーナーが求めている情報を送ります。例えば、軽い自己紹介・いつまで住みたいか・内見可能日などを伝えましょう。

あとはオーナーからの連絡を待ちます。

補足情報ですが、このメッセージの分かりやすさ・内容が、内見の取得率を左右します。オーナーも同じ人間なので、人当たりが良さそうな人に住んで欲しいはずです。

そのため、メッセージ内容は誰が見ても分かりやすいように、オーナーが連絡をとっても良いか、と思えるようなメッセージを書きましょう。

「どんなメッセージを送ったら良いかわからない!」

という方は、以下の記事で解説しています。テンプレもあるので、コピペでそのまま使うこともできます。

Craigslistの使い方

カナダのシェアハウス探しで役立つサイト2つ目は、Craigslistの紹介です。

ではCraigslistの物件紹介ページへ飛びましょう。(今回はバンクーバーを例に出して紹介していきます。)

まず上記のリンク、Craigslistの物件紹介ページをタップすると様々な物件が出てくると思いますが、やみくもに探しても時間がかかるだけなので、まずはフィルターをかけましょう。

画像のようにOptionをタップします。

Optionボタンをタップすると、以上のような画像が出てきます。自分の好みの物件情報を選択しましょう。

バンクーバーに在住していた私からすると、家具付き冷暖房はチェックはつけておくと良いと思います。

家具に関しては、たま〜に家具がついてないお家もあるので、必ず家具付きは選択しておいた方が無難かと思われます。家具なしだと家で服をしまえなかったり、自分で買わないといけなかったりと余計に手間とお金がかかってしまいます。

冷暖房は夏はカナダといえど35度くらいに到達する日もありますし、冬は寒いのであったら便利です。

ちなみにフィルター機能の1つ、【マップ】を選択すると下記のような画面になります。

【マップ】機能を使えば、自分の住みたい地域などに絞って検索をかけることが可能です。試してみましょう。

気になる物件をタップして、詳細を確認します。

実際の物件の画面です。

詳細が書いてあります。ここに書いていない情報は、内見時やメールなどで必ず聞きましょう。ちなみにこの物件は、近くにスーパーやバス停、駅がそれなりに近かったりと、立地はかなり良いことがわかりました。

シェアハウスが気に入った場合は上記の画像のように、【reply】というボタンをタップし、メールフォーマットを選択して送信するだけです。

Kijijiの使い方

カナダのシェアハウス探しで役立つサイト3つ目は、Kijijiです。基本的にCraigslistと探し方は同じです。

フィルターの種類物件の掲載数に違いが見られるのでそこだけ解説いたします。

まずKijijiの物件リストのページに飛びましょう。(こちらもバンクーバーです。)

上記のKijijiの物件リストのページから飛ぶと、たくさんの物件が掲載されていますが、Craigslistと同じようにフィルターをかけましょう。

【Add Filters】をタップすることでフィルターをかけることができます。

ちなみに通知設定に関してはログインをすることで、新しく物件情報が掲載された際に通知してくれます。便利ですね。

上記の画像たちは、実際のフィルター画像です。

かけることができるフィルターは例えば、

  • 予算設定
  • 半径〜m以内
  • 家具付きか
  • 写真付きか
  • ペットOKか

など複数選ぶことができます。

しかし、Craigslistと比べるとフィルターの数が、少し少なめかなという印象です。

Facebook Market Placeの使い方

カナダのシェアハウス探しで役立つサイト4つ目は、Facebook Market Placeの使い方です。

まずFacebookにログインをしてからマーケットプレイスのページに飛びます。

マーケットプレイスは2022年現在、日本ではをまだサービス展開しておらず、居住地の設定を変更しないとマーケットプレイス機能を使うことができないので注意してください。

Facebookのアカウントを開設したばかりという方は、1~2週間程度の時間を置くとマーケットプレイスが表示されるようになります。

Facebook上の言語設定は日本語にできるので、初めての方でも分かりやすいはずです。

実際のマーケットプレイスの物件はこのように表示されます。

こちらがFacebookのフィルターです。

細かく指定はできませんが、物件の掲載数はCraigslistと同じくらい多い印象です。

どの物件情報も基本的に画像がついているため、非常に使いやすいと感じました。

住みたい地域も設定できるため自分の好みに合わせた場所を選んでみましょう。

Padmapperの使い方

カナダのシェアハウス探しで役立つサイト最後は、Padmapperです。アメリカやカナダの各都市で使われているウェブサイトになります。カナダではバンクーバー、トロント、モントリオール、ケベックシティなどで使われてます。

まずはPadmapperに飛びましょう。その後、自分の地域を選択してください。

バンクーバーの画面です。

マップ上から赤点をタップすることで物件情報を確認することができます。

右上の【Filters】をタップすると詳しく分けることができます。

上記がフィルター画面です。

Padmapperは一つのページでシェアハウス、アパート、コンドなど分けることができます。

また、特定のキーワードを入れられるのは嬉しいですね。

実際の物件の紹介です。

この物件が気になったら物件情報の下のボタンの【Check Availability】というボタンをタップしメールを送ります。

以上がざっくりとした使い方でした。

カナダのシェアハウス探し:それぞれのWebサイトの特徴

ここまで、カナダのシェアハウス探しで役立つ、5つのWebサイトの使い方を紹介いたしました。

改めて、5つのウェブサイトの特徴をまとめてみたいと思います。

物件掲載数の多さ フィルターの設定度合い 分かりやすさ 特徴
JPカナダ 少ない なし 日本語/日本人ルームメイトの可能性大
Craigslist 多い 多い たくさんの物件情報
Kijiji 普通 普通 標準的なサイト
Facebook 多い 普通 アカウントが必要/どの物件も写真付き
Padmapper 少ない 多い 優良物件多/競争率が低い

いかがでしょうか?細かく見るとそれぞれのWebサイトに特徴はあります。

しかし、カナダでは冒頭にも紹介したように、物件の需要がとても高いです。そのため、家探しに苦労をする確率はとても高いのが現実です。

そのため、一番良い方法は、上記の5つのサイトを同時に使うことです。

5つのサイトを使い分けることで、物件情報を大幅に増やすことができます。つまり、良い物件に巡り合う確率も上がるということです。

ちなみに個人的オススメはPadmapperです。学生が借りられる範囲の物件の掲載数は、他のサイトと比べるとかなり少ないですが、たまに良物件が掲載される場合があります。覗いてみるだけでも良いと思います。

また、日本人にとっては認知度はまだまだ低いため、Padmapperで紹介されている物件にはルームメイトやオーナーに日本人はいない確率が高いです。

私はこのPadmapperで、ノースバンクーバーにあるお家を見つけました。ルームメイトは全員日本以外の人で必然と英語環境になりました。

英語環境を求めるか求めないかは人それぞれなので、参考情報として記載しておきます。

カナダのシェアハウス探し:気をつけるべき点3つを紹介

それでは最後に、カナダのシェアハウスを探す際に気をつけるべき点を3つご紹介いたします。

特に気をつけるべき点は、デポジット詐欺です。

まずデポジットとは、家賃の半分を保証金としてオーナーが預かることを指します。

そのデポジット関係のトラブルが後をたたず、私の友人も何人か巻き込まれてしまいました。これ以上被害を生まないためにも、いくつか事例をあげつつ紹介いたします。

1:デポジットを内見せずに払ってしまう

これがよくあるデポジット詐欺のパターンです。

オーナーが外出中とか海外に行っているから、という理由で掲載されている家の内見ができずデポジットを要求されます。そのまま払ってしまうと相手の思う壺です。

そのデポジットは残念ながら返ってきません。絶対に内見は必ず、対面で直接行いましょう!

そしてデポジットを払う際は、できる限り領収書や契約書を書き終わってから渡しましょう。

家探しに焦る気持ちはわかりますが、最後の最後に地雷を踏まないように、しっかりと正規の手順を通しましょう。結果的に安心感につながりやすいです。

2:家の条件の確認不足

これは詐欺とかではないですが、よくあります。家の条件をあまり詳しく確認せず、入居した日や入居した後になって、自分に合わなかった条件が出てきてしまったという事例です。

家の条件や決まりごとは家によって多種多様です。例えば、

・家具がついてる/ついてない

・シャワーの時間が決まってる/回数制限がある

・洗濯機がある/ない

・掃除当番がある

・隣の部屋がうるさい

etc…

などなどです。

家によって決まり事や設備などは様々なので、しっかりと契約をする前に確認を入れましょう。

私はここの確認を怠ってしまい、自分が契約した家が家具が付いてないことを入居日に知りました。

部屋に入ったら、何にもなくてびっくりしたのを今でも覚えてます。(これは自分が悪い)

幸運にもオーナーからマットレスや枕を貸してもらいましたが、机がなかったため、数ヶ月間ベッドの上でPC作業してました。(腰を痛めました)

内見時に質問シートなどを事前に作っておいて、準備しておくのも良いですね。

3:デポジット返金トラブル

デポジットが返ってこない問題もよく聞きます。

デポジットは先ほどご説明したように、家賃の半分を補償金としてオーナーへ渡すことを指します。

通常、デポジットは家の損害やトラブルがなければ退去時に返金されます。

しかし、よくあるトラブルとしては「デポジットが返ってこない!」という問題です。原因としては、

・退去日が間違って伝わっていた

・部屋にダメージがあると判断された(壁の損傷、設備の損害など)

・その他(オーナーと喧嘩、etc…

などです。普通に過ごしていれば問題はないはずですが、何が起こるかわかりません。

問題が発生する原因も複数考えられるため、なかなか防ぎようがありません。

そんな時にやはり有効なのが書面で契約書をもらうといった方法が有効です。文字で書いてあることで口頭よりも形に残りますし、英語があまりわからなくても翻訳アプリなりを使えばお互いの理解につながりますよね。

私はオーナーに契約書が欲しいと言ったら作ってくれたので、念の為聞いてみて作ってもらえるかどうか聞いてみましょう。

形にあるのとないのとでは安心感が違います。

カナダのシェアハウス探し:まとめ

今回は以上です。

カナダのシェアハウス探しに役立つ5つのWebサイトの使い方から、シェアハウスを探す際の気をつけるべき点を紹介いたしました。

留学中の楽しみの一つでもある、シェアハウスで生活をすることは、生活の大部分を占める大事な決断です。

シェアハウス探しは何かとストレスの溜まる作業ではありますが、決して妥協はしない方が良いでしょう。留学生活の長期間を過ごすことになる家をないがしろにすると、後悔につながりやすいです。

しっかりと自分の理想の家を見つけ出しましょう。

これらの記事が参考になったら幸いです。皆さんのシェアハウス探しが上手く行きますように!

それではまた。See you!

kaporu

kaporuです。休学生です。海外留学・休学・英語を中心に発信中!

【経歴】就活で将来に悩む⇨2年間の休学を決意⇨学生ボランティア活動(就活支援団体)・留学費用を貯めるためにアルバイト掛け持ち・英語勉強(休学1年目)⇨カナダ留学・IT企業で長期インターン開始(休学2年目)⇨現在に至る。2023年4月から大学復学予定。

【スキル】
TOEIC 915点取得
Fundamentals of Digital Marketing

海外生活お役立ち
スポンサーリンク
シェアする
休学生kaporuの海外留学&気ままブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました